Category Archives ( 19 Posts)

ユーザーの情報を出力

ログインしているユーザーの名前を表示したり、ユーザーレベルによって分岐したい時。
<?php
global $current_user;
  get_currentuserinfo();

  echo $current_user->user_login;//ユーザー名
  echo $current_user->user_email;//E-mail
  echo $current_user->user_level;//権限レベル(数字)
  echo $current_user->user_firstname;//名
  echo $current_user->user_lastname;//姓
  echo $current_user->display_name;//ニックネーム
  echo $current_user->ID;//ユーザーID(数字)
?>
ユーザーのログイン状態で分岐する時。
<?php if($user_ID): ?>
ログインしている状態で表示したい事。
<?php else: ?>
ログインしてない状態で表示したい事。
<?php endif; ?>

カテゴリの説明で画像を入れたりHTMLが使えるようにする。

テンプレートタグの
<?php echo category_description(); ?>

をカテゴリページのテーマファイルに書き込むとその部分にカテゴリーで設定した説明が表示されます。
デフォルトではリンクタグくらいしかHTMLが使えませんが、imgタグで画像を挿入したり、
htmlをがっつり使いたい時もあります。

カテゴリを登録する時に、自動整形されてしまうので、そのフィルターを消してしまいましょう。

function.php
//カテゴリー説明文でHTMLタグを使えるようにする
remove_filter( 'pre_term_description', 'wp_filter_kses' );
//pタグが勝手に付与されるのでpタグを取り除く
remove_filter( 'term_description', 'wp_kses_data' );
これで、がっつりHTMLが使えます。

ログインページのデザインをカスタマイズする

ログインページもデザインをサイトと統一したい。とかオリジナルのデザインにしたいって時に使えるのが、「BM Custom Login」というプラグインです。 これもサイト制作をする上で、必ず使ってオリジナルのログインページを作っています。 使い方。
  1. プラグインをダウンロードしてくる。
  2. imagesフォルダ内に「login-bkg-tile.jpg」という名前でログイン画面のオリジナル背景画像を作成して入れる。
  3. /wp-content/plugins/ディレクトリにアップロード。
  4. プラグイン設定画面で有効化。
ログイン画面の画像を作る際に、「image-templates」フォルダ内に「login-bkg-tile.psd」というテンプレートファイルがあるので、これを使ってPhotoshopで加工すると簡単です。 文字の色とかはbm-custom-login-2.cssで設定できます。 ここで設定したログインページのデザインは、「WordPressPassword」を使った時のパスワード入力時にも表示されます。 オリジナルサイトを作る上で、このちょっとしたところでも違いを出せるのが嬉しいですね。

特定のページにパスワード認証をつける

会員専用ページを作りたい時に、そのページを開くのに パスワードで認証をしたい時に使えるのが、「WordPress Password」というプラグインです。 READ MORE

ユーザーのログイン履歴を記録する

会員制サイトで役立つ、ユーザーのログイン履歴や行動を記録できるプラグインを発見。 利用者のログインの状況やページの閲覧記録はもちろん、 複数の人で管理している場合、どのユーザーが記事をいつ作成した・削除したかとか いつユーザーを登録したかとか、管理画面での作業内容がいろいろと記録できます。 READ MORE

ユーザーの権限をカスタマイズできるプラグイン

お仕事で「会員制のサイトを作って、グループで管理したい。」という要望がありました。
パソコンの扱いに不慣れということで、今後のサポートも含めて、うちでサイトの管理をして
主に記事の投稿・編集をして頂くということになりました。
(WordPress2.6.52.9.2を使いました)

管理者 ・・・私(会社)

編集者 ・・・リーダーの方

作成者 ・・・グループの方

購読者 ・・・会員の方

このような権限の設定。

ここから、「ユーザー登録もうちでしたい。」というお客様の要望で、
デフォの権限の設定ではユーザー登録が管理者しかできないので、困った事に。
管理者権限はできれば渡したくない。(あまり見られたくない部分とかあるしぃ。)

そんなときに丁度いいプラグインの情報を発見しました。
READ MORE

お問い合わせフォームプラグイン

今やサイト構築の必須アイテムとも言える(?)「お問い合わせフォーム」 。

これが、とっても簡単に作れるプラグインがありました。既に有名ですが。
フォームの内容、デザインも自由にカスタマイズもできて、
自動返信メールの設定もできるとっても優秀なお問い合わせフォームです。

READ MORE

エディターでPHPを使えるようにする

記事投稿画面で通常は実行されないphpコードを使えるようにするためのプラグイン。
READ MORE

こんにちは!WordPress

一応へっぽこWEBデザイナーとして会社にいる私ですが、
ちょと前からブログ・CMSとしてのサイト構築にWordPressを利用することになりました。

オリジナルのテーマを作成して、デザインも自由にカスタマイズ可能だし、
プラグインで様々な機能を追加できてとっても便利。(色々調べていて英語の勉強にもなった・・・。)
複数ユーザーでの利用もそれぞれの権限を設定できて、今のところ、大きな問題も、
苦情もなくご利用いただいてます。

あーだ、こーだと悩んで、色々調べてお勉強した内容を、はやくまとめておきたいと思いながら、
忙しさに負けてなかなかできなかったけど、やっと自分のサイトも構築。
(しばらく放置してたけど)

WordPress関連ともっと素敵なWEBサイトを構築できるようにお勉強したことをどんどんメモしていきます。



WordPress日本語版


■インストール方法メモ
  1. zip ファイルを空のディレクトリに展開する。
  2. wp-config-sample.php を開き、データベースの接続情報 (データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名) を記入する。
  3. このファイルの名前を wp-config.php として保存する。
  4. すべてのファイルをアップロードする。
  5. サイトURL/wp-admin/install.php をブラウザで開く。
インストールが成功したら、初回ログイン用にパスワードが表示されるので、
それを忘れずにメモ(コピー)。
ログインページでユーザー名「admin」、パスワード「コピーしたパスワード」を入力して管理画面にログイン!

できれば、ユーザー登録画面で管理者用のユーザーを新しく作成した方がいいようです。
(もしくは、強力なパスワードに変更します。)

あとは、オリジナルのテンプレートを作成したり、プラグインの設定をしたり。
簡単にブログサイトができました。