Category Archives ( 7 Posts)

自作ハート型ペンライト(ハート型キンブレシート)

今日は推し事グッズです。

2019年は私がお茶の間ファンを飛び出して、現場デビューを果たした記念の年になりました。
アラフォーにして初めての本格的な推し活です(笑)

私が応援しているのは「純烈」さん。
公式でペンライトを販売していて、ファンの多くがそれをライブで楽しそうに振っているのを映像や写真で見ていました。
なので初めてライブに行く時に、私もペンライト欲しいなと思っていたのですが、その頃公式の通販サイトが休止中。
たまに温泉ライブやコンサートの現地販売があるという感じで…。すぐに手に入れることが難しい状況。
(今は純烈さんの公式ペンライトオフィシャルショップで購入できます。)

でもペンライト振りたいやん!ってことで、ググっているとペンライトも色々と種類があって、若者たちは可愛いオリジナルのキンブレシートを作ってるぞってことを知りました。

オリジナルのキンブレシートめっちゃ楽しそう!
ってことで、私もオリジナルのキンブレシート作りに挑戦することにしました。

 

本体とシートの準備


公式と同じハート型で作りたかったので、まずはハート型のペンライトをamazonで購入。


MIX PENLa (ミックス ペンラ) HB 24色 単4電池式 ペンライト キラキラ ハート  

公式のペンライトのハート型と同じ形のものです。

キラキラのハートを選びました。

あと印刷する用紙です。
私は透明のOHPシートに印刷することにしました。

エーワン OHPフィルム インクジェットプリンタ用 A4 ノーカット 10シート 27077

 

オリジナルシートの作成


本体のサイズを測りながらillustratorでハートの枠を作成して、適当な感じに文字を入れます。
推しのカラーが赤なので、光で色飛んじゃうかなと思って、白黒で作成しました。
OHPシートに印刷して、ハートの枠の形で切り抜きます。(透明なのでここは神経質にならなくてもOK)



ペンライトのハートの部分を回して外します。



ハートの中をのぞいて、細い棒状のもので内側に入ってるキラキラシートと透明シートの2枚を内側にへこませるようにして、本体との間に隙間をつくります。



切り抜いたシートをくるくると丸めてその隙間に挿入。



中に入ったら、シートを指や棒状のものを使って広げて位置を調整します。



入れたところはこんな感じ。

それから、へこませておいたキラキラシートを元の状態に戻します。



後はハート部分を本体に戻して完成です。



公式ペンライトと比べてみるとこんな感じです。
(コンサート会場で無事公式ペンライトも手に入れることができました)



持ち手のキラキラのところもシートを入れられるようになっているので、94×13mmで枠をとってここもカスタマイズできます。

一応今回使用したハート型の枠のPDFを置いておきます。
この枠だけ印刷して、中に油性マジックなどで書き込むのもいいと思いますし、
ぴったりジャストサイズ!ではないですが、大体の大きさの目安にしていただければと思います。

参考になれば幸いです。


※作成代行やシートのリクエストなどは対応が難しいので承っていません。

インソール完成とその後

また更新が開いてしまった・・・。

11月2日(金)作成したインソールを受け取りに行ってきました。
約2万円を用意してね。

受傷から約3週間です。
この日まで松葉杖で完全免荷の状況でした。
かかとの辺りをついて、あまり体重を乗せなければ痛くない感じ。
関節が硬くなっているのもあって、体重をかけると違和感があります。

インソールの確認をして、2万円お支払いして、7割払い戻しをうけるための
協会けんぽに提出する健康保険療養費支給申請書などの書類一式を受け取りました。

これは必要事項を記入して、協会けんぽの支部に郵送するだけです。
(3週間くらいで振込されました。)

作成したインソールがこちらです。
インソール





その後に、先生の診察だったのですが、この日は子供を預けられるところがなくて、仕方なく双子を連れていったんですよ。。。
一応できるだけ迷惑にならないように金曜日の診療受付最後の方で、人が少なそうな時間にして。

普通の診察は旦那が休みの日に行くけれど、装具士さんが金曜日の夜しか来ないから仕方ないじゃないね。

でもなんか診察室に一緒に入れる雰囲気じゃなくてね。

双子は待ち合いで比較的大人しくしてくれてたから、気がかりだけどそのまま待ち合いに残してレントゲンと診察へ。

子ども連れが迷惑だったのか、なんか先生愛想なかったー(笑)
それか先生風邪ひいてしんどかったのか、声ガラガラやったけど。

装具つけて歩いた感じとか少し話して終わり。
これからどうリハビリしていくかとか、気を付けることとかなんかあるのかなって思ってたけど特になく、次回2週間後でって感じで終わりました。

かかと体重で歩くこともできるし、その日に松葉杖を返して普通にあるいて帰りました。

骨折してたわけでもないから、こんなもんなのかしらね。

インソールはつけている方が長時間歩く時とか楽です。

で、それからなんとなく病院に行ってなくて・・・現在。(受傷後約2カ月)
心よっわ!(笑)

まだ少し関節に違和感があるけれど、ほとんど普通に歩けるようになりました。
外履きはインソールを入れてるけれど、いつまで必要かなぁ。

ってな感じで、また病院行くことがあれば報告したいと思いますが、
このまま日にち薬でってなるかもしれません。(笑)

終わり
 

リハビリ用インソール作り

10月26日(金)10日ぶりに受診してきました。
この日はリハビリの為のインソールを作る為に装具士さんとお会いしました。

READ MORE

松葉杖の代わり!両手が使える「アイウォークフリー(iWALKFree 2.0)」購入しました

iwalkFree2.0

松葉杖がこんなに大変だなんて知らなくて。。。
初めて松葉杖で病院から帰った翌日は上半身がバッキバキに筋肉痛でした。

松葉杖だと両手が塞がってしまって、荷物を持って移動ができないし・・・なので家の中の移動はケンケンかPC用の椅子でゴロゴロしてました。
狭い家の中で椅子も小回りが利かないし、家事・育児に片足生活は本当に不便でした。
ケガした左足の回復が早いか、ケンケンしてる右足が故障するのが先かみたいな状態。
2歳の双子の世話や家事もほったらかしにできないし、かと言って手伝いに来られる家族は近くにおらず。

そこで見つけたのがこのニークラッチ「アイウォークフリー(iWALKFree)」でした。

READ MORE

リスフラン関節靭帯損傷経過(3~11日後)

※ケガの原因についてはこちらをご覧ください。

ケガをした翌日に幼稚園に連絡して、昨日お騒がせしたお詫びとお礼を伝えて、ケガの状況と10月いっぱいは導入保育に連れていけそうにないことも伝えました。

さて3日目のケガの状態です。
 

READ MORE

リスフラン関節靭帯損傷(受傷当日)

※ケガの原因はこちらをご覧ください。

10月10日ワイドパンツの裾にひっかけて躓いたことが元で足を負傷。
それ以来、ワイドパンツを恐怖症。。。流行りに乘ってワイドパンツばかりあるのに(笑)

出産後の体型隠しにもなるし、ワイドパンツいいんですけどね。
特に小さなお子様を抱っこされている方は、ワイドパンツ系での階段特に注意してくださいね。

足を負傷してから、どんどん足は腫れていき、足をついて体重をかけると激痛がしました。
明らかに、なんかいつもの「足をくじいた」という感じではない感覚でした。
 

READ MORE

リスフラン関節の靭帯を損傷しました

来年4月から年少さんで幼稚園に入園することになった双子達。
10月からいよいよ導入保育が始りました。

あれは、そう、双子の導入保育初日の事でした。
 

READ MORE