Tag:カスタマイズ ( 10 Posts)

自作ハート型ペンライト(ハート型キンブレシート)

今日は推し事グッズです。

2019年は私がお茶の間ファンを飛び出して、現場デビューを果たした記念の年になりました。
アラフォーにして初めての本格的な推し活です(笑)

私が応援しているのは「純烈」さん。
公式でペンライトを販売していて、ファンの多くがそれをライブで楽しそうに振っているのを映像や写真で見ていました。
なので初めてライブに行く時に、私もペンライト欲しいなと思っていたのですが、その頃公式の通販サイトが休止中。
たまに温泉ライブやコンサートの現地販売があるという感じで…。すぐに手に入れることが難しい状況。
(今は純烈さんの公式ペンライトオフィシャルショップで購入できます。)

でもペンライト振りたいやん!ってことで、ググっているとペンライトも色々と種類があって、若者たちは可愛いオリジナルのキンブレシートを作ってるぞってことを知りました。

オリジナルのキンブレシートめっちゃ楽しそう!
ってことで、私もオリジナルのキンブレシート作りに挑戦することにしました。

 

本体とシートの準備


公式と同じハート型で作りたかったので、まずはハート型のペンライトをamazonで購入。


MIX PENLa (ミックス ペンラ) HB 24色 単4電池式 ペンライト キラキラ ハート  

公式のペンライトのハート型と同じ形のものです。

キラキラのハートを選びました。

あと印刷する用紙です。
私は透明のOHPシートに印刷することにしました。

エーワン OHPフィルム インクジェットプリンタ用 A4 ノーカット 10シート 27077

 

オリジナルシートの作成


本体のサイズを測りながらillustratorでハートの枠を作成して、適当な感じに文字を入れます。
推しのカラーが赤なので、光で色飛んじゃうかなと思って、白黒で作成しました。
OHPシートに印刷して、ハートの枠の形で切り抜きます。(透明なのでここは神経質にならなくてもOK)



ペンライトのハートの部分を回して外します。



ハートの中をのぞいて、細い棒状のもので内側に入ってるキラキラシートと透明シートの2枚を内側にへこませるようにして、本体との間に隙間をつくります。



切り抜いたシートをくるくると丸めてその隙間に挿入。



中に入ったら、シートを指や棒状のものを使って広げて位置を調整します。



入れたところはこんな感じ。

それから、へこませておいたキラキラシートを元の状態に戻します。



後はハート部分を本体に戻して完成です。



公式ペンライトと比べてみるとこんな感じです。
(コンサート会場で無事公式ペンライトも手に入れることができました)



持ち手のキラキラのところもシートを入れられるようになっているので、94×13mmで枠をとってここもカスタマイズできます。

一応今回使用したハート型の枠のPDFを置いておきます。
この枠だけ印刷して、中に油性マジックなどで書き込むのもいいと思いますし、
ぴったりジャストサイズ!ではないですが、大体の大きさの目安にしていただければと思います。

参考になれば幸いです。


※作成代行やシートのリクエストなどは対応が難しいので承っていません。

非公開固定ページ・投稿を直接表示した時の404.phpの内容を変更する

非公開に設定した投稿や固定ページを表示すると404.phpが表示されます。
他にも下書き投稿、予約投稿なども404.phpが表示されます。
404.phpで「投稿がありません」と表示されるのを、投稿のステータスに合わせて表示をカスタマイズしました。
READ MORE

会員のメールアドレス・パスワード変更時にユーザーに通知メールを送らない

会員サイト運営中に、何らかの事情でユーザーのメールアドレスやパスワードを変更する必要が出た時に、Wordpressがユーザー宛てに自動で送信する通知メールを停止する方法です。

function.phpに下記を記載します。

 

コメント通知のメール本文を変更する

コメントやトラックバックがついた時に送信されるメールの本文を変更します。
READ MORE

WordPressからの通知メールの送信者名とアドレスを変更する



WordPressからはコメントが送信された時、パスワードが変更された時、更新された時など様々なタイミングで通知メールが届きます。
その通知メールの差出人名は全て「WordPress <wordpress@ドメイン名>」のようになっています。

この差出人名とメールアドレスを変更する方法です。
READ MORE

コメント投稿時に記事作成者に飛ぶメールを管理者のメールアドレスにも送信する

WordPressで記事にコメントがつくと、送信される「コメントがありましたメール」

通常、記事の作成者宛てにメールが送信されますが、これを管理者にもメールを送信するように設定を変更しました。
READ MORE

作ったテーマをテストしたい。簡単にテーマを切り替えたい時のプラグイン。

新しく作成したテーマを適用する前に、サイトでテストしたい時とか、 テーマを切り替えることで、なんかおもしろいことを考えついた時にオススメのプラグインです。 Theme Test Drive 【使い方】
  1. プラグインをダウンロードしてくる。
  2. /wp-content/plugins/ディレクトリにアップロード。
  3. プラグイン設定画面で有効化。
だけです。 ページの切り替えをしたい時に「URLに?thema=テーマ名orテーマディレクトリ名」を追加するだけです。 例えば「http://www.muchacolla.com/?theme=default」 こんな感じです。 使い方によっては面白くなりそうですね。 「かゆいところに手が届く」系プラグインです。

ユーザーの情報を出力

ログインしているユーザーの名前を表示したり、ユーザーレベルによって分岐したい時。
ユーザーのログイン状態で分岐する時。

カテゴリの説明で画像を入れたりHTMLが使えるようにする。

テンプレートタグの

をカテゴリページのテーマファイルに書き込むとその部分にカテゴリーで設定した説明が表示されます。
デフォルトではリンクタグくらいしかHTMLが使えませんが、imgタグで画像を挿入したり、
htmlをがっつり使いたい時もあります。

カテゴリを登録する時に、自動整形されてしまうので、そのフィルターを消してしまいましょう。

function.php
これで、がっつりHTMLが使えます。

ログインページのデザインをカスタマイズする

ログインページもデザインをサイトと統一したい。とかオリジナルのデザインにしたいって時に使えるのが、「BM Custom Login」というプラグインです。 これもサイト制作をする上で、必ず使ってオリジナルのログインページを作っています。 使い方。
  1. プラグインをダウンロードしてくる。
  2. imagesフォルダ内に「login-bkg-tile.jpg」という名前でログイン画面のオリジナル背景画像を作成して入れる。
  3. /wp-content/plugins/ディレクトリにアップロード。
  4. プラグイン設定画面で有効化。
ログイン画面の画像を作る際に、「image-templates」フォルダ内に「login-bkg-tile.psd」というテンプレートファイルがあるので、これを使ってPhotoshopで加工すると簡単です。 文字の色とかはbm-custom-login-2.cssで設定できます。 ここで設定したログインページのデザインは、「WordPressPassword」を使った時のパスワード入力時にも表示されます。 オリジナルサイトを作る上で、このちょっとしたところでも違いを出せるのが嬉しいですね。