Date:2012.2.29|Tags:

WordPressで記事にコメントがつくと、送信される「コメントがありましたメール」

通常、記事の作成者宛てにメールが送信されますが、これを管理者にもメールを送信するように設定を変更しました。
続きを読む >>

Comment:0
Date:2010.11.21|Tags:

新しく作成したテーマを適用する前に、サイトでテストしたい時とか、
テーマを切り替えることで、なんかおもしろいことを考えついた時にオススメのプラグインです。

Theme Test Drive

【使い方】

  1. プラグインをダウンロードしてくる。
  2. /wp-content/plugins/ディレクトリにアップロード。
  3. プラグイン設定画面で有効化。

だけです。

ページの切り替えをしたい時に「URLに?thema=テーマ名orテーマディレクトリ名」を追加するだけです。
例えば「http://www.muchacolla.com/?theme=default

こんな感じです。
使い方によっては面白くなりそうですね。

「かゆいところに手が届く」系プラグインです。

Comment:0
Date:2010.11.11|Tags:

ログインしているユーザーの名前を表示したり、ユーザーレベルによって分岐したい時。

<?php
global $current_user;
  get_currentuserinfo();

  echo $current_user->user_login;//ユーザー名
  echo $current_user->user_email;//E-mail
  echo $current_user->user_level;//権限レベル(数字)
  echo $current_user->user_firstname;//名
  echo $current_user->user_lastname;//姓
  echo $current_user->display_name;//ニックネーム
  echo $current_user->ID;//ユーザーID(数字)
?>

ユーザーのログイン状態で分岐する時。

<?php if($user_ID): ?>
ログインしている状態で表示したい事。
<?php else: ?>
ログインしてない状態で表示したい事。
<?php endif; ?>
Comment:0
Date:2009.12.24|Tags:

ログインページもデザインをサイトと統一したい。とかオリジナルのデザインにしたいって時に使えるのが、「BM Custom Login」というプラグインです。
これもサイト制作をする上で、必ず使ってオリジナルのログインページを作っています。

使い方。

  1. プラグインをダウンロードしてくる。
  2. imagesフォルダ内に「login-bkg-tile.jpg」という名前でログイン画面のオリジナル背景画像を作成して入れる。
  3. /wp-content/plugins/ディレクトリにアップロード。
  4. プラグイン設定画面で有効化。

ログイン画面の画像を作る際に、「image-templates」フォルダ内に「login-bkg-tile.psd」というテンプレートファイルがあるので、これを使ってPhotoshopで加工すると簡単です。

文字の色とかはbm-custom-login-2.cssで設定できます。
ここで設定したログインページのデザインは、「WordPressPassword」を使った時のパスワード入力時にも表示されます。

オリジナルサイトを作る上で、このちょっとしたところでも違いを出せるのが嬉しいですね。

Comment:0